『モンテクリスト伯』老人の正体とは!?

『モンテクリスト伯』突如として現れた老人の正体とは!?一体何者!?

暖(ディーン・フジオカさん)は牢獄に囚われてしまいましたが、なぜかその牢獄の床から老人が現れたのです!

この『モンテクリスト伯』老人の正体とは?重要人物なのではないかと何者なのか調べてみました!

 

 

床から出てきた老人は誰?

第1話のラストで、暖(ディーン・フジオカさん)の囚われている牢獄の床から出てきた老人。

 

今後の暖の運命を変える人物です。

 

原作では神父と言う役どころで、主人公と共に脱獄を図るのですが、途中で死亡、莫大な財宝のありかを主人公に託します。

主人公はその財宝を元手に帰国し、別人となって復讐を果たすことになるのです。

 

 

ドラマ『モンテ・クリスト伯』原作とは違う?

しかし、ドラマでは神父ではなく、2話のあらすじから、この国の元大統領だということが判明しています。

 

それならお金を持っていても不思議じゃないですよね。

 

しかし大統領だった人物が投獄されているのにはなにか理由があるのでしょうね。

それには暖が罪に問われた裏事情も関係しているようで、その大統領が暖を陥れた人物についても語るようです。

 

ドラマでは人物設定こそ違いますが、おそらくは一緒に脱獄して途中で死亡する、という展開は同じなのではないでしょうか。

 

初回は、浮き沈みの激しい主人公でしたが、長い牢獄生活と拷問で、暖はすっかり別人になってしまったようです。

初回の日焼けした黒い顔、屈託のない笑顔、どこか抜けてる感じ、これらが次回からは別人となるための役作りだったのでしょうか。

 

最後に・・・

復讐だけが心のよりどころとなる暖。

いよいよ次回からその復讐の幕が上がるようです。

 

こちらの記事も読まれています

≫池松壮亮主演!『宮本から君へ』の動画無料視聴方法は?

『家政夫のミタゾノ』放送スケジュールは?

田中圭がまさかのキス!?『おっさんずラブ』第1話動画無料視聴