『宮本から君へ』動画1話~最終回の見逃し視聴方法はこれ!

テレビ東京系の金曜深夜「ドラマ25」の『宮本から君へ』1話~最終回の動画見逃し視聴方法です!

新井英樹さんの漫画が原作で、池松壮亮さんが主人公・宮本を演じ、松山ケンイチさんや蒼井優さんなどが出演です。

『宮本から君へ』1話~最終回の動画見逃し視聴方法やキャスト詳細をまとめています。

 

宮本から君へ動画見逃し視聴方法

『宮本から君へ』を見逃した場合は動画配信サービスのU-NEXTで見逃し配信視聴ができます。

U-NEXTは月額1990円で対象ドラマが見放題で、初めの31日間無料お試しキャンペーンをおこなっています。

お試しキャンペーンに登録すれば600円分U-NEXTポイントがもらえて『宮本から君へ』の視聴にこれを使えます。(1話につき300ポイント)

≫U-NEXT公式サイトへ

 

テレ東ドラマ25『宮本から君へ』へのスタッフ愛

テレビ東京系の金曜深夜「ドラマ25」枠にて4月から放送される『宮本から君へ』。

そのキャスト陣がすべて公開されました。

 

『宮本から君へ』は、90年代に人気を博した新井英樹さん原作の名作漫画を元にしたドラマです。

『宮本から君へ』の原作漫画は、1992年に第38回小学館漫画賞青年一般部門を受賞し、業界にも多くのファンがいるといいます。

 

今作のスタッフにもそんなファンがおり、その熱い気持ちを原作者が汲んだ形となりました。

 

その証拠に、このドラマの主題歌にエレカシこと「エレファントカシマシ」が起用されていることが挙げられます。

 

どういうことかというと、『宮本から君へ』の主人公・宮本浩という名前は、原作者の新井英樹さんが大ファンだったエレカシのボーカル宮本浩次さんから一部を取ってつけたという逸話があるからです。

 

これは当時からファンの間では有名な話であり、今回この作品の主題歌をそのエレカシが担当するというのは必然でもありました。

監督の真利子哲也さんの熱量が伝わってくるようです。

 

『宮本から君へ』動画1話~最終回見逃し視聴方法とは

『宮本から君へ』を見逃した場合は動画配信サービスのU-NEXTで見逃し配信視聴ができます。

U-NEXTは月額1990円で対象ドラマが見放題で、初めの31日間無料お試しキャンペーンをおこなっています。

お試しキャンペーンに登録すれば600円分U-NEXTポイントがもらえます。

『宮本から君へ』の視聴にはポイントを使えます。(1話につき300ポイント)

≫U-NEXT公式サイトへ

 

U-NEXTについて詳しく解説

国内最大級の配信数があるU-NEXTは、

  • スマホ
  • パソコン
  • テレビ
  • ゲーム機

などがあれば気軽にドラマだけでなく映画を視聴することができます。

そして次のような特徴があります。

  • 月額1,990円に毎月U-NEXTポイント1200円分もらえるので新作や見放題対象外作品も追加料金なくポイントで視聴ができます
  • U-NEXTは国内最大級の動画配信数のほか、最新号の雑誌が70誌以上も読み放題でコミックや書籍も読めます
  • ひとつのアカウント(親アカウント)があれば子アカウントを3つまで設定可能!つまり一人の申し込みで最大4名で利用ができるので、4人家族なら一人あたり500円ほどで利用ができお得です
  • 初めの31日間無料でお試しキャンペーン中で31日以内の解約も可能ですので安心して始められます
  • 無料お試しに登録するとで600円分のU-NEXTポイントがもらえますので『宮本から君へ』の視聴に使用できます

視聴できる作品
  • 『FRINGE(フリンジ)』あのJ.J.エイブラムズ監督科学サスペンス(海外ドラマ)
  • 『ウォーキング・デッド』ゾンビが蔓延する街!?大人気海外ドラマ
  • 『LOST』飛行機事故から無人島生活へ…謎が謎を呼ぶ連鎖に多くの人を魅了した大作海外ドラマ
  • 『太陽の末裔』軍人と女医…映像美のなか鳥肌もの甘セリフも話題の韓流ドラマ
  • 『わろてんか』朝ドラや大河ドラマも配信
  • 『勇者ヨシヒコと導かれし七人』山田孝之主演大人気ドラマシリーズ第3弾
  • 『ホリデイラブ』浮気現場やその相手に“あざとかわいい”と話題沸騰
  • 『BORDER』死者の声が聞こえる特殊能力刑事・小栗旬ほか波瑠・遠藤憲一

 

最新情報はこちらから 配信中の作品をチェックできます
≫U-NEXT公式サイトへ

 

『宮本から君へ』豪華レギュラー陣!

池松壮亮(主人公・宮本)

主人公の宮本を演じるのは若手演技派と言われる池松壮亮(いけまつ そうすけ)さんです。

同じテレビ東京系の土曜ドラマ『銀と金』で主演して以来の主演作となりますが、池松壮亮さんはどちらかというとテレビより映画の方が多く出演している印象があります。

 

映画『ラストサムライ』でスクリーンデビューした当時は15歳でした。

その後は着実にキャリアを重ねて、各映画祭などで多くの賞を受賞するなど活躍しています。

 

2018年も既に3本の映画が公開予定となっています。

 

宮本が坊主頭になるシーンがあるのですが、池松壮亮さんは「この作品以外で坊主にする事はよっぽどのことがない限りない」と言い切るほどの本気のシーンでした。

 

柄本時生(田島薫役)

宮本の同期社員の田島薫役に柄本時生さん。

田島薫は宮本の良き相談相手ですが、恋愛相談ばかりしてくる宮本を少しうっとおしいとも思っています。

 

柄本時生さんは俳優の柄本明さんの息子で、俳優の柄本佑さんはお兄さんです。

年齢も池松壮亮さんとは同年代で、俳優デビューもほぼ同じ年頃でした。

その独特の存在感は、同年代の俳優の中でも異彩を放つ存在です。

田島薫は関西弁がトレードマークですが、柄本時生さんは東京出身ですので、関西弁にかなり苦労したようです。

 

松山ケンイチ(神保和夫役)

宮本の先輩社員、神保和夫役には松山ケンイチさん。

宮本に営業のノウハウを教えてくれる良き先輩で、会社を退職して独立を考えています。

 

前期ドラマ『隣の家族は青く見える』では優しい夫を演じました。

今作ではデキる先輩として宮本を導く役です。

 

蒼井優(中野靖子役)

神保と一緒に会社を立ち上げる仲間の1人で、後に宮本と付き合うことになる女性・中野靖子役を蒼井優さんが演じます。

デザイン会社勤務の中野靖子は、男勝りですがもろいところのある女性です。

 

蒼井優さんといえば、昨年公開された主演映画『彼女がその名を知らない鳥たち』で第41回日本アカデミー賞やキネマ旬報ベスト・テンで主演女優賞を受賞しました。

 

浅香航大(益戸景役)

宮本の務めるマルキタのライバル会社ニチヨンの営業マン・益戸景役に浅香航大さん。

宮本と神保の最大のライバルとなる益戸景は、かなりクールな性格で、宮本とは正反対のタイプです。

 

浅香航大さんは、元ジャニーズJr.に所属していたイケメンで、2011年『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』にて連ドラデビューしました。

今期は日本テレビの『ドルメンX』にも出演しています。

 

高橋和也(安達辰也役)

宮本の取引先の文具問屋ハタダの営業マン・安達辰也役を高橋和也さんが演じます。

高橋和也さんといえば元ジャニーズのバンド「男闘呼組」のメンバーでした。

事務所を辞めてからは俳優として活動しています。

今作の台本を読んだ高橋和也さんは、「懐かしい感じがした」と言っています。

きっと90年代の匂いを感じたのでしょうね。

 

星田英利(小田三紀彦役)

宮本の上司にあたる営業部の課長・小田三紀彦役を星田英利さんが演じます。

星田英利さん、といっても誰?って感じですが、実はR-1でも優勝経験のある芸人「ほっしゃん。」で、2014年に芸名を本名の星田英利に変更したのです。現在は俳優として活躍しています。

 

古舘寛治(岡崎部長役)

マルキタの営業部長の岡崎部長役を古舘寛治(ふるたちかんじ)さんが演じます。

宮本の尻ぬぐいをさせられる立場にいる人です。

昨年はNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』『アシガール』『コウノドリ』などに出演していました。

 

酒井敏也(島貫康治役)

宮本のライバル益戸景と結託してマルキタに対抗し、宮本を窮地に陥れるワカムラ文具の部長・島貫康治役に酒井敏也さん。

酒井敏也さんは、数多くの作品に出演してきたバイプレイヤーです。

人の好い役から悪役までこなします。

今回の役は、公式ツイッターで「島貫部長本当に嫌な人です!」と言われています。

 

新名基浩(大芝)

宮本の同期の大芝を新名基浩さんが演じます。

天然なのか、とぼけた性格で、周囲をイラつかせるという人物です。

宮本・田島と仲が良い社員です。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などに出演していました。

連ドラの経験はあまりないようで、初めて尽くしの経験で興奮気味だったようです。

 

ヒロイン・美沙子役に新人の華村あすか

宮本が毎朝駅で見かける美女・甲田美沙子役に、新人の華村あすかさんが抜擢されました。

自動車メーカー・トヨサンの受付嬢をしている美沙子に、宮本は一目ぼれ。

宮本は美沙子に思い切って声をかけ、交際することになります。

しかし元カレが忘れられず、結局宮本の前から去っていくことになるという役どころです。

 

役柄的には蒼井優さんとのダブルヒロイン、という感じでしょうか。

 

しかし、驚くべきは華村あすかさんが昨年デビューしたばかりの新人だということです。

昨年、山形県から大学進学の為に上京した時に、現在の事務所からスカウトされて芸能界入ります。

 

8月には早くも週刊プレイボーイの表紙と巻頭グラビアに抜擢されて、グラビアデビューを果たします。

それから半年で連ドラのヒロインですから、かなりの大抜擢といえるでしょう。

華村あすかさんの肩書は女優ではなくグラビアアイドルのままですし。

まだ18歳の彼女、まさにシンデレラですね。

 

華村あすかコメント

今回、ヒロインの1人に抜擢されたことについて、華村あすかさんは

「お芝居の経験のない私が、今の実力で責任を持って新井英樹さんが描いた甲田美沙子を演じきれるのか、正直、躊躇しました。
ですが、この素敵な機会を無駄にせず、自分の今出来る全てを出し切って正面からぶつかっていこう!と思い、撮影に臨ませて頂きました。

美沙子の人柄に、私自身も惹かれ、同じ女性として共感するようなそんな感覚もあり、今でも記憶から消えることのない充実した時間を過ごさせて頂きました。
目が離せなくなる、そんな気持ちを観て感じて頂けたらと思います。」

と公式サイトでコメントしています。

 

宮本が駅でひとめぼれするほどの美女、という役柄なので、雰囲気が大事ですよね。

 

まとめ

演技派とよばれる方々が揃いました。

熱すぎて暑苦しいといわれる宮本を映像化でどこまで再現できるのかも見どころです。

 

最新情報はこちらから 配信中の作品をチェックできます
≫U-NEXT公式サイトへ