『ラブリラン』7話あらすじ 町田に振られた理由が知りたい

『ラブリラン』7話のあらすじをご紹介します。

町田(古川雄輝さん)に振られた理由が知りたいさやか(中村アンさん)。

このドラマのストーリーの肝となる部分になりそうですね。

ここではネタバレをまじえながら『ラブリラン』7話のあらすじを振り返っていきたいと思います。

 

 

第7話 町田に振られた理由を思い出そうとするさやか

改めて、町田(古川雄輝さん)が好きだと告白したさやか(中村アンさん)。

 

しかし、町田は「早く出て行ってほしい」とつれない態度。

思い出しても無駄、どうせ同じ結果になる、という町田に、さやかはなぜ自分が振られたのか思い出そうと決心するのでした。

 

そこへ現れる恋のライバル杏子(大政絢さん)。

杏子はさやかに早く思い出して出て行ってほしい、と言い、そのあとはさやかの立ち位置に自分が立つことを宣言します。

 

しかしさやかは、なぜ町田と別れたのかその原因を思い出してやり直したい、と杏子に宣戦布告。

 

さやかと杏子、2人の女性から思われている町田ですが、彼の本心はいまだよくわかりません。

でも、さやかのことがやっぱり気になるようです。

 

 

さやかが町田を振った?亮介との関係は?

さやかは自分が町田に振られたと思っていました。

その理由を思い出そうと必死です。

 

しかし、そんなさやかに町田は、さやかの記憶は間違っている、と言い、気持ちまでは思い出せない、と冷たく言い放ちます。

町田の言っている意味がわからないさやか。

 

町田はさやかが、思い出したら終わる、と言いました。

それはどういうことでしょうか?

 

町田の記憶の中のさやかは、町田のことが好きだと思ってたけど、勘違いだったみたい、やっぱり私…と言っていました。

そしてその言葉の続きは?

 

一方さやかのおにいちゃん的存在だった亮介(大谷亮平さん)から、さやかは抱きしめられます。

この展開はもしや…。

 

過去のさやかは町田を好きだと言ったけど、やっぱり亮介が忘れられなかったのでしょう。

それで町田に自分から別れを告げた、という展開だったのでしょうか?

 

しかし、そのときは亮介には彼女がいました。どうしよう、あきらめる?そんな気持ちのまま、その後、さやかが記憶喪失になったのではないでしょうか?

 

亮介はさやかをずっと妹だと思ってたけど、今になってさやかを好きだったことに気付きました。

と、こんな流れになっていくのではないですかね。

 

記憶を失くす前のさやかなら、亮介とめでたく両想いになってめでたしめでたし、なんでしょうけど…今のさやかは以前のさやかじゃありません。

今のさやかは、町田が好きなのです。

そこは以前と違うのです。

 

町田はまた同じことになる、と言っていますけど、はたしてそうでしょうか?

 

町田とさやかおそろいの猫のマグカップ

今回はマグカップやらグラスやらの「思い出アイテム」がキーワードとなっていました。

特に重要だったのは黒と白の猫のペアマグカップです。

可愛いので気になった人も多いのでは?

 

こちら、調べてみると実際に市販されているものでした。

 

「アニマルティー 黒ねこと白ねこの ペアマグ SAN2140」というものでした。

 

サイズは1個につき、約幅11.5×奥行き8.5×高さ10cmで、結構たっぷり入りますね。

アマゾンで価格は1,706円です。

ペアセットなので、おそろいで使用できます。

 

ちなみにこのライン、汁茶碗のペアセットやティーポットなんかもあります。

ラインセット揃いで買うのも素敵ですね。

 

さやかは黒の方を割ってしまい、買える店を探して走り回っていましたが、アマゾンで買えることを教えてあげたいです(笑)。

 

まとめ

どっちに気持ちが動くのかわかったようなわからないような。

続きを楽しみにしています。

 

こちらもおすすめです

≫『ラブリラン』7話にまさかのガッキーが登場!?

≫『コンフィデンスマンJP』小ネタがありすぎて話題!?6話

≫『ラブリラン』ドラマの最終回はどうなる!?みんなの予想