『シグナル』ロケ地はここ!映画館や教室は実際にある?

『シグナル』映画館や教室は実際にあるのでしょうか?ロケ地を調べました。

過去とつながる三枝(坂口健太郎さん)が大山(北村一輝さん)の生きていた1997年~1998年とつながるドラマ『シグナル』。

なのでその当時にもあった建物がロケ地となるようです。

映画館や教室のほかにも情報をまとめました。

 

 

『シグナル』ロケ地情報!

城西警察署のロケ地

三枝たちが勤務する城西警察署のロケ地情報が出てきました。

こちらのロケ地は、千葉県佐倉市の佐倉市役所でした。

 

佐倉フィルムコミッションの発表によれば、こちらの駐車場や外観が使用されたようで、セットが組まれていたようです。

1話や2話での緊迫した駐車場のシーンなどでこちらが使われたのでしょうね。

 

外観はそのまま使用されていて、エントランスのひさし屋根のところに城西警察署という文字とマークが追加されています。これはCGなんでしょうかね?

それにしても現役の市役所をそのままロケ地に使用するなんてすごいですよね。

そしておそらくはドラマ終盤までメインロケ地として使用されることになるでしょう。

 

こちらでは主演の坂口健太郎さんや吉瀬美智子さんの目撃情報が多く報告されています。

 

住所は、千葉県佐倉市海隣寺町97で、アクセスは京成電鉄京成佐倉駅から徒歩10分のところにあります。

公共機関なので、いつでも見学はできると思います。

 

また、佐倉フィルムコミッションは映画や映像作品のロケ地誘致を行っており、この市役所以外でも佐倉市内にて多くのCMや映画などが撮影場所として使用しています。

日本テレビの前期ドラマ『anone』やauのCM『三太郎シリーズ』などの撮影も行われていました。

いろんな誘致に成功している良い例ですね。

 

 

慶明大学医学部法医学教室のロケ地

吉瀬美智子さん演じる美咲が信頼する法医学者・安西理香が勤務する慶明大学医学部法医学教室のロケ地となったのは、東京都大田区にある「東京バイオテクノロジー専門学校」でした。

東京都大田区北糀谷1-3-14にある、遺伝子や再生医療、薬など、分析科学分野の技術者を養成する専門学校です。

今後も安西が登場する際には出てくるロケ地となりそうです。

 

健人が通っていた小学校

1話で同級生の女の子が誘拐されるところを目撃した健人が通っていた小学校は、埼玉県三郷市にある「三郷市立彦成小学校」でした。三郷ジャンクション近くの小学校です。

こちらでも坂口健太郎さんが撮影していたという目撃情報がありました。

ここに通っている生徒さんたちがエキストラとして出演していたそうです。

ツイッターではトイレに行ったとき、坂口健太郎さんに会って握手したという投稿がありました。

 

北野みどりがアルバイトしていた食堂のロケ地

第2話と3話に登場したキーパーソン、北野みどり(佐久間由衣さん)が看板娘を務めるラーメン屋は、「南西食堂」でした。

ここではみどりに説教する大山が、ラーメンとビスケットを食べていましたね。

こちらは大田区平和島にあり、トラック事業協同組合の1階にある食堂です。

東京モノレール流通センター駅から徒歩5分の場所にあります。

 

事件の犯人の父親の勤務するバス会社のロケ地

同じく2話と3話で、大山が連続殺人犯と思わしき人物を誤認逮捕した際、真犯人がバスに乗って逃げたのではと推測し、調査に訪れたバス会社は、「東京バス足立営業所」でした。

大山のいる1997年と三枝たちのいる2018年の両方訪れることになる場所です。

ここに真犯人の父親が勤務していました。

 

本物のバス営業所を使うので、大型バスなんかが普通に止まっていましたね。

別の建物を借りた場合は、バスなんかも別に手配しないといけないので、二度手間になってしまいますしね。

 

こちらは東京都足立区宮城1-3-13にあり、田端駅からバスで10分の場所にあります。

 

連続女性殺人犯・仁志が屋上から落ちた廃ビルのロケ地

4話で、大山が連続殺人の真犯人として目星をつけた仁志(尾上寛之さん)を追い詰めた廃ビルのロケ地は千葉県君津市にある「アクアマリンスタジオ」でした。

仁志はここの屋上から落ちて、下半身に重傷を負ってしまうことになりました。

 

このスタジオは、巨大な廃墟ビルで、一棟貸ししています。

床延面積は、1974坪もあり、中は打ちっ放しの倉庫で収容人数は200人程度。

吹抜けになっていて、屋上と地下機械室があります。

楽器演奏や、火を使った撮影も可能とのこと。

撮影にはもってこいですね。

 

君津駅からバスで10分ですが、車ならアクアラインを使えば渋谷からでも約50分の距離です。

 

大山が1人で映画を見ていた映画館のロケ地

最後は4話のラストで、みどりが大山と一緒に見に行こうとしていた映画を、大山1人で見ていたシーンのロケ地。

みどりが大山を励まそうと、コメディ映画のチケットを持っていたようです。

周囲が笑っている中、1人涙を流す大山の姿が切なかったですね。

 

こちらの映画館は、東京都渋谷区円山町にある「ユーロスペース」という劇場です。

いわゆるミニシアターで、ヨーロッパ映画を中心に、大劇場では上映しないようなレアな映画を多く上映しています。

 

まとめ

『シグナル』では大山の生きていた1997年~1998年にもあった建物がロケ地となるので、割とレトロなところが選ばれる傾向にありますね。

ロケ地では、2018年の近代的な様子との対比も楽しみなところです。

 

こちらもおすすめです

≫田中圭がまさかのキス!?『おっさんずラブ』第1話動画無料視聴

≫『おっさんずラブ』感想2話のまとめ

≫『家政夫のミタゾノ』2018年版の動画無料視聴方法は?

≫『ラブリラン』の無料視聴方法はこちら

≫中村アン&古川雄輝が行った『ラブリラン』のロケ地はどこ?