『ラブリラン』ロケ地めぐり!水族館の場所は?再現デート

『ラブリラン』第5話で、さやか(中村アンさん)の記憶を取り戻すために町田(古川雄輝さん)と行った再現デートのロケ地・水族館の場所はどこか気になりますよね!

『ラブリラン』のロケ地めぐりで再現デートをしてみたい方も必見です。

場所や行き方もまとめています。町田の壁ドンも再現できるかも!?

 

 

デートした水族館のロケ地は?

第5話で、さやかの記憶を取り戻すため、杏子が企画した再現デートに付き合わされる町田。

イヤイヤながらも付き合ってくれましたが、町田もさやかに、デートのことを思い出してほしかったのでしょうか?

 

そんな再現デートで訪れた水族館のロケ地が判明しました。

 

ロケ地水族館の名称と場所

場所は、茨城県にある「アクアワールド大洗水族館」でした。

 

大洗海水浴場や大洗公園があり、市場も近くにある、茨城県の誇る一大観光スポットです。

 

この水族館の特徴は、サメの飼育種類が日本一であることと、日本最大級のマンボウ専用の水槽があることです。

ゆったり泳ぐマンボウたちの水槽の大きさに圧倒されることと思います。

 

ゴールデンウイークは大変な人出だったようですが、通常であれば割とゆったり見られると思います。

 

水族館内の水槽は、

  • 「出会いの海ゾーン」
  • 「暗黒の海ゾーン」
  • 「世界の海ゾーン」
  • 「オーシャンゾーン」

に分かれています。

 

サメやマンボウの水槽は「世界の海ゾーン」にあります。

「世界の海ゾーン」には、ラッコやアザラシなどがいる「世界の海ゾーン2」もあります。

 

町田が壁ドンした水槽

杏子がウミガメがいない!と激怒していた水槽は、「出会いの海ゾーン」でした。

この大水槽は、80種類2万匹の魚たちが泳いでいます。

 

町田による、壁ドンならぬ水槽ドンがあったのもここでしょう。

 

 

クラゲがいたのは「暗黒の海ゾーン」でした。

このゾーンでは深海にすむアンコウやキンメダイなどが見られます。

また幻の魚と言われるリュウグウノツカイの標本も展示されています。

 

イルカショーがあったのは「オーシャンゾーン」で、イルカの他、ペンギンやアシカなど芸達者な人気者が揃うゾーンです。

 

水槽のあるゾーン以外では、

  • 海の生き物科学館のある「ミュージアムゾーン」
  • 子供も楽しめる「キッズゾーン」
  • 茨城の自然を再現した「森と川ゾーン」
  • 巨大なクジラの標本が頭上から吊り下げられた企画展示室のある「出会いのデッキ」

などがあります。

館内にはお土産ショップはもちろん、食事が楽しめるフードコートなどもあり、1日楽しめる場所となっています。

 

ロケ地水族館への行き方

アクアワールド大洗水族館へは、電車なら大洗鹿島線大洗駅よりバスで約15分、車なら北関東自動車道水戸大洗ICより約15分となります。

 

最後に

町田の壁ドンにキュンとした方も多いというこの水槽前では、あの『半沢直樹』もロケが行われていたんだそうですね。

 

半沢と対立する浅野支店長が家族で訪れた場所がここだったようです。

浅野支店長が窮地に陥るシーンで、うしろをこの大水槽のイワシの大群が泳いでいる…という印象的なシーンでした。

 

ドラマの撮影でも人気のこの場所で『ラブリラン』に浸りたい方は是非遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

こちらもよく読まれています

≫田中圭がまさかのキス!?『おっさんずラブ』第1話動画無料視聴

≫『おっさんずラブ』感想2話のまとめ

≫『家政夫のミタゾノ』2018年版の動画無料視聴方法は?

≫『ラブリラン』の無料視聴方法はこちら